水槽のお引越しがしたい場合

水槽のお引越しがしたい場合

 

自分で水槽を引越するのは大変!

 

水槽の劣化や転勤があると、水槽の引っ越しを行う必要が出てきます。
元々、レンタルやリースで水槽を設置している場合は、契約している業者に依頼することになりますが、
自力で水槽の引っ越しを行うことは、色々と手間が掛り大変なものです。

 

もちろん、自力での水槽の引っ越しも、不可能なことではありませんが、その場合、
引っ越しの季節、移動距離、移動手段、転勤する場合は住居の場所と階数、
水槽のサイズ、魚の種類、大きさ、数、予算を考慮しなければなりません。

 

ですから、計画を立ててから引っ越しの準備を行い、
新しい水槽へ魚を移したり、新居で水槽を設置して、魚を移動させなければなりません。

 

また、水槽の中の水を残しておかないと、水槽の引っ越し後に魚が体調不良を起こしてしまいますので、
水を保存しておく容器なども必要になるでしょう。

 

ざっとこれだけ見ていても、水槽の引っ越しを自ら行うことは、大変な手間と時間がかかることが分かります。

 

そのため、業者に依頼した方が、費用も手間もかからず、魚達に負担をできるだけ掛けることなく、引っ越しできるケースが多いのです。

 

水槽の引越を業者に依頼するには!

 

水槽の引っ越しを行ってくれる業者は思いの他多いため、ネットなどで探してみるとすぐに見つかります。
中には、水槽の引っ越しを専門で行っている業者もいるほどですので、
破格の費用で引っ越しを完了させることができるケースもあるでしょう。

 

気になる料金についてですが、業者毎にいくつかのプランが用意されており、
一部の作業のみ依頼することができるものや、すべてお任せすることができるものまで様々です。

 

また、水槽の大きさ、移動距離によっても、料金に違いが出てきます。
例えば、自宅内で水槽の引っ越しのみを行う場合、45p程度の水槽で20,000円代から、
60p程度の水槽で30,000円代からというのが一般的です。

 

転勤による移動距離が長いと、高額な費用となりますが、料金は移動距離や移動時間で決められています。
名古屋から仙台くらいまでの移動で、水槽の規模も60p程度であれば、10万円前後となることもあるでしょう。

 

ただし、元々レンタルなどで水槽業者を利用しており、全国展開しているようなところであれば、
他の業者に依頼するよりも安く済むことがあります。

 

このように、どの程度の規模の引っ越しを行うのか、どの業者に作業を依頼するのかによって、
最終的な引っ越し料金や作業内容は変わってくるのが現状です。

 

とはいえ、お魚達が元気な状態で引っ越しを完了するためには、やはり技術力が必要となってきますので、
事前に問い合わせて内容を確認することをおすすめします。