水槽のメンテナンス方法や頻度って?

水槽のメンテナンス方法や頻度って?

 

水槽を設置した後は、定期的に掃除をしたり水を取り換えるなどして、メンテナンスをしなければなりません。

 

すでに水槽を設置し、熱帯魚などを飼っている場合は、自らメンテナンスを行うことに抵抗はないでしょう。
しかし、初心者にとって、水槽のメンテナンスは簡単なことではありません。

 

そのため、水槽の環境を維持し、お魚達が快適に過ごしていくためにも、定期的なメンテナンスは専門の業者に依頼することが賢明です。

 

ただし、中には悪徳業者も存在しますので、事前に水槽のメンテナンス方法や、メンテナンスの頻度について、基本的なことを理解しておく必要があります。

 

それでは、詳しく解説していくことにしましょう。

 

水槽のメンテナンスって何をするの?

 

一言で水槽のメンテナンスといっても、業者によって内容は異なります。
ただし、どの業者でも必ず行っているのは、水の取り換え、水槽の掃除、濾過装置の清掃です。

 

まず、水換えについてですが、水槽全体の3分の1にあたる水のみを換えていきます。
そうすることによって、有害物質をろ過してくれるバクテリアを残すことができるからです。

 

また、弱酸性やアルカリ性で保たれている水質を、急激に変えないようにすることは、お魚達へのショックを軽減することにもつながります。

 

水換えは一見簡単に見えますが、3分の1の水を換えるといっても、プロの技を素人がそのまま実現することは難しいものです。
また、水槽環境によって、水槽レイアウトの変更、水温調整、水槽掃除のやり方は毎回変わってきます。

 

その点、技術力が高く、実績がある水槽メンテナンス業者であれば、必要となるメンテナンスを定期的に行ってくれますので、
初めて水槽を設置した人でも、安心して任せることができるでしょう。

 

水を変える頻度が知りたい!

 

次に、水換えの頻度ですが、多くの水槽メンテナンス業者では、
週に1回から2回、もしくは1ヶ月に1回の頻度でメンテナンスを行っています。

 

契約状況によっては、メンテナンスをその都度依頼しなければならないケースもありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

また、水槽のメンテナンスは、頻繁に行うものではありません。
水槽の大きさや生態の状況にもよりますが、最短でも1週間に1回程度で十分です。

 

ついつい、メンテナンスの回数の多さで業者を選んでしまいますが、回数よりも大切なことは、水槽の環境の維持です。

 

技術力がある水槽メンテナンス業者であれば、少ないメンテナンス回数であっても、水槽の環境を綺麗に保つことができます。

 

以上が、水槽のメンテナンス方法や頻度となりますが、優良な業者ほど、契約前に丁寧に説明してくれるものです。
今回ご紹介した情報を参考にしながら、適切な業者にメンテナンスを依頼するようにしましょう。