どんなサイズの水槽を選べば良い?

どんなサイズの水槽を選べば良い?

 

水槽レンタルを利用する際、どのようなサイズの水槽を選べば良いのでしょうか。
基本的には、自分の好みを業者に伝えて、適切な水槽のサイズを提案してもらうことになるため、人によって違ってきます。

 

とはいえ、水槽の大きさといっても、規格と特注の2パターンがありますし、
どのような魚を飼育するのかによっても、適切な大きさがある程度決まっているのが現状です。

 

では、もう少々詳しく見ていくことにしましょう。
水槽の大きさの決め方は、大きく分けると2通りあります。

 

  • 水槽を設置する場所によって決めること。
  • 魚の種類や数などによって決めること。

以上の2つです。

 

水槽を設置する場所によって決める

 

まず、水槽を設置する場所についてですが、個人の自宅に水槽を設置する場合、設置スペースに限りがあるケースがほとんどです。

 

そうなってくると、多くの場合、規格で決まっている水槽を選ぶことになります。
水槽レンタル業者では、45pから120p程度までの水槽を用意していますので、空間に合わせて適切な大きさの水槽を選んでいくのです。

 

魚の種類や数などによって決める

 

次に、魚の種類や数などによって決めるということですが、まず最初に考えなければならないことは、適切な水槽の環境についてです。

 

好きな魚を好きなだけ水槽の中に入れるわけにはいかず、水槽に設置する濾過装置の機能性、
餌の種類、水槽のレイアウトなども考慮しなければなりません。

 

それから、目安として、1匹の魚に対して1リットルの水の量が適切だといわれていますので、
魚の大きさも考慮しつつ、水槽の大きさを決めていきます。

 

また、魚達にはそれぞれ習性や性格がありますので、同じ水槽で育てることができないケースがあり、
特に捕食被捕食関係であるかどうか、事前に確認することが重要です。

 

大切にしている魚達が、争いを起こしたり、食べられてしまうようなことは避けなければなりません。

 

結局のところ、自分の好みや設置場所を伝えた上で、ベストな水槽の大きさを、業者に決めてもらうことが適切だということになりますが、
そのためには信頼できる業者探しから始める必要があるでしょう。

 

業者によって、得意としている分野は違いますし、中には経験が少ないスタッフを派遣し、水槽設置後トラブルが多発することもあるのです。

 

ですから、必ず実績があり、技術力に定評がある水槽レンタル業者を利用し、適切な大きさの水槽を設置してもらうようにしましょう。

 

その方が、自らの意見や好みを反映しやすくなりますし、希望通りの仕上がりに満足することができます。